2013-03-27 Wed

競技会に向けて!

カレンは霧ヶ峰(日本訓練チャンピオン)に出場後、
臭気選別はしばらくお休みして服従作業の強化をしています。
なぜなら…未だに競技会で納得のいく服従作業が出来ていないからです(^^;)
練習ではバッチリなんだけど本番になるとグダグダに。。。
特に障害板は本番では一度も飛んでいません。
それもこれも私の力不足が原因ですが(>_<)
服従作業は基本的な作業ですが、一番奥が深くて難しい作業だと私は思います。
だからこそ一度でいいから本番で完璧ではなくとも
自分なりに納得のいく作業をやり遂げたい!
と、いうことで次の競技会は2-A(自臭選別)にチャレンジすることに決めました。
(1-A(移行他人臭)は服従作業がないため。)

実は、今からとても緊張しています。
服従作業は私たちの阿吽の呼吸や
私の一挙手一投足によって動きが大きく左右される。
それに強化によって過去に2-Aに出場した時よりも精度が上がってきてるのに
これで結果が伴わないということになると
頑張ってくれているカレンに対して申し訳なさすぎる…。
本当は緊張したり、気負ったり、してはいけないこと。
それに囚われて細かい部分の動きが雑になると、カレンに伝染する。
「成績は気にしない。楽しく取り組めれば良い。」
そう思ってやってきたけど、努力しているカレンの足を
引っ張っているという現実に責任感を感じている。
上記の言葉を自分への言い訳、逃げ道にしないように頑張らなくては!

P&K27.jpg

指導手を自分でやっていると練習風景の写真が撮れないので
練習後、先生に指導手をバトンタッチして撮影会☆
毎回同じ作業だけだとつまらないので新しい技の練習も始めました!
これは障害板を使った物品持来の練習風景。
警戒作業犬には必要な動作だけど、臭気選別犬のカレンには不要(笑)
でも、この動作が日常生活において何かの役に立つかもしれないし!
今までは物品持来と障害飛越は別々の作業だったので
それを一連の作業とすることを理解させるために
まずは紐付で作業の流れを教えました。


P&K28.jpg

続いては〜、カレンのカッコイイ瞬間を☆
競技会本番で一度も障害板を飛んだことがないと言いましたが
障害板が苦手なわけでも嫌いなわけでもありません。
いつも練習では飛ぶ気マンマンで私の号令をウズウズしながら待ってます。


P&K25.jpg

これはパシャです☆
実はカレンよりも出来る子です!
しかし、こやつはプロ向きの犬。。。
動きのある作業が大好きで、作業には素早い動きを求め、欲の塊。
そのスピードに先生が「リードするのが大変!」と言うほど。。。
レベルの低い私がペアになると、「けっ!やってらんねー!」と
途中でさじを投げられます。
「なんでこの出来る俺様がお前のミスのせいで
何度も同じ動作をしなくちゃいけないんだ?」と言いたいらしいです。
なので若い頃は途中で地面に貼りついて
「俺、先生とやりたーい!」と動かなくなることがしばしば。。。


P&K26.jpg

パシャのドヤ顔は先生との訓練により誕生いたしました〜。
技が決まる度に見学している私の方を向き、「どや?俺様ってスゲーだろ?」と(^^;)
パシャってちょー可愛くなーい!(`3´)ノ
逆に先生はそんなパシャが可愛くてたまらないらしいが。。。
パシャもカレンと同じく臭気選別犬に仕上げて試験を受けようと練習していたのですが
途中でボイコットされました(汗)
大して動きのない選別は相当つまらなかったようです(>_<)
そんなパシャはシニアになり、今はデイサービス的な感じで訓練を楽しんでいます(笑)
なので、もう今は完全に先生にお任せ状態(^^;)

なんだか話が脱線してしまった(汗)
とりあえず競技会、頑張ります!
嬉しい報告が出来ると良いのですが、
失敗したら「次があるさ!」と慰めてやって下さい(笑)

にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
posted by ミカ at 22:20 | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。